第2の都市メデジン

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

メデジンは、225万人の人口を抱える、コロンビア第2の都市です。

メデジンは、国内有数のコーヒー、バナナ、金の産地であるアンティオキア県の中心にあり、流通の中心地です。

首都ボゴタに次ぐ第二の工業都市でもあり、数多くの企業がいます。

産業の先駆けになったのは繊維業で、その歴史は1907年のコルテヘール社の創設にさかのぼります。

今でも繊維業は、アンティオキア県の工業雇用の53%を占め、製品は世界各地に輸出されています。

メデジンには、暗くネガティブな一面もあります。

1970~80年代には、麻薬マフィアのメジデン・カルテルによって、暴力の町となっていました。

カルテルは、敵と見なす者は容赦なく暗殺し、世界有数の危険な都市となった。

近年は、治安は大きく改善しています。

(2013年6月21日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る