アンデス共同体(CAN) アンデス諸国の協力協定

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

『アンデス共同体(CAN)』は、1969年5月に「アンデス地域の統合と生活向上」のために、
コロンビア、ペルー、エクアドル、ボリビア、チリの5ヵ国で、『カタルへナ協定』として
産声を上げました。

1996年に「トウルヒージョ協定」が結ばれて以降は、アンデス共同体(CAN)が公式名称となりました。

73年にはベネズエラも加わりましたが、2006年に脱退しています。

現在のメンバーは、コロンビア、ペルー、エクアドル、ボリビアの4ヵ国です。

準加盟国は、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ、チリの5ヵ国。

関税については、1993年にコロンビア・ベネズエラ・ボリビア・エクアドルの4ヵ国間で、自由貿易が成立しました。

2006年にはペルーも加わっています。

95年2月からは、コロンビア・ベネズエラ・エクアドルは「対外共通関税」を始めています。

アンデス共同体は、2003年12月に、メルコスールと自由貿易協定を結んでいます。

2001年にはアンデス諸国は共通パスポートとなり、03年からは自国の身分証明書のみで加盟国を移動できるようになりました。

○村本のコメント

日本も、韓国あたりとは自由貿易や共通パスポートにしてもいいのではないかと思います。

こうして他の世界を知ると、東アジアって、皆が仲が悪いですね。
その原因の1つが、かつての日本の侵略なんです。

(2013年12月8日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る