エメラルドの世界最大の産出国 (エメラルド利権の歴史)

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

コロンビアは、世界最大のエメラルド産出国です。

世界生産の55%を占め、主な顧客は日本人です。

鉱山は、クンディナマルカ県とボヤカ県に集中している。

チボール産は、高級エメラルドの代名詞として知られています。

エメラルドの採掘は、16世紀前半のスペイン人による侵略によって、活発になりました。

鉱山はスペイン王室の直轄となり、副王(現地の統治者)の管理下に置かれた。

18世紀までは副王の管理が続いたが、その後コロンビア独立に至る混乱の中で、様々な個人の手に渡ります。

その後コロンビア政府は、1886年の憲法で「エメラルド鉱山の国家への帰属」を決めます。

しかし上手く行かず、多くの民間企業に採掘権が与えられた後に、1944年に政府は5.5万ヘクタールの土地の管理を、中央銀行に委託しました。

ただし、チボールやブエナビスタなどの鉱山は、個人の所有となっています。

1950年代以降、エメラルドの利権をめぐって、「緑の戦争」と呼ばれる暴力の嵐が吹き荒れ、1000人以上が殺されました。

80年代半ばになると、麻薬マフィアが利権に参入しようとし、「緑の戦争」が再燃します。

大物マフィアのロドリゲス・ガチャ、エメラルド王のビクトル・カランサ、軍・警察による、3つどもえの戦いは、多くの死者を出しました。

1990年に、大物エメラルド商人たちの間で和平協定が結ばれました。

(2013年4月3日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る