農業は、コーヒー・切り花・バナナが輸出の三大品目

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

GDPに占める農林水産業の割合は、2009年時点で8.5%です。

就業者の2割が、農林水産業に従事しています。

コロンビアの国土の6割は、アマゾンの密林地帯です。

可耕作地は、一部の大土地所有者が独占してきました。

1961年に「農地改革法」が出来ましたが、大地主の抵抗で実効が上がっていません。

輸出農産品は、コーヒー、切り花、バナナが三大品目です。

コーヒーは低下中で、1990年代にベトナムとインドネシアがシェアを伸ばしました。

コロンビアは、近年は高付加価値化を志向しています。

切り花は、1970年代前半に輸出が開始されました。

92年の3.4億ドルから、2008年には11億ドルにまで拡大しています。

高原地方で、栽培されています。

バナナは、全国的に小規模な栽培が行われています。

生食用のバナノ(主として輸出用)と、調理用のプラタノ(主として国内消費用)があります。

輸出額では、世界で第3位です。

(2013年6月3日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る