プーチンの統治方法の特徴②

(プーチン 人間的考察 木村汎著から)

プーチンは、テロリストをネズミに例えて、「殲滅してやる」と公言する。

2002年10月にモスクワ劇場、04年9月に北オセチアの学校が、チェチェン系の過激派によって占拠された。
この時プーチンは、武装勢力との話し合いを頭から拒否した。

そして特殊部隊を突入させて、犯人グループを殲滅した。

その代償は実に大きく、劇場事件では129名、学校占拠事件では386名の人質が死んだ。
後者では犠牲者の半数(186名)は児童だった。

プーチンは、下品な言葉を公開の席上で用いる事が多い。

「便所」「下水道」「きんたま」といった言葉を意図的に使う。

アメリカのニクソン大統領も同じタイプだった。

彼は、容易に部下のクビを切らない。

側近はKGB人脈やペテルブルク閥で形成されているが、外部の者を起用しないので人材の補充が活発でない。

罷免すると代わりの者を探し出すのが大変なため、よほどの事をしないかぎりクビを切らないのだ。

他方で、己に従わない者には徹底的ないじめをする。

その実例は、ミハイル・カシヤーノフ元首相だ。

カシヤーノフは、エリツィン・ファミリーの中心人物で、エリツィンが大統領ポストをプーチンに譲った時、「カシヤーノフ首相だけは罷免しないように」と念押ししていた。

ところが2003年10月にホドルコフスキが逮捕された時に、カシヤーノフは「首相の自分に相談がなかった」と不満を表明した。

プーチンはそろそろエリツィンとの約束にこだわらなくていいと判断したのだろう、その後にカシヤーノフを解任した。

プーチンは2~3のポストを提示したが、カシヤーノフはそれを拒否した。

すると税務当局から脱税などの嫌疑でいじめられる羽目になった。

さらにテレビや新聞からは「好ましくない人物」との宣伝をされた。

今日、カシヤーノフがプーチン政権打倒を唱える急先鋒に立つのは、それ以外の選択肢が残されていないからだろう。

プーチンは、自分の作った「ゲームのルール」を守らない者を許さない。

彼は2000年に大統領になると、財閥のリーダーたち21名をクレムリンに呼びつけた。

そして、これからのゲームのルールについて口頭で伝えた。

① エリツィン政権下で行われた民営化で入手した不正利益は、咎めたり吐き出させたり
  しない。

② 今後は財界は政治活動を厳に慎み、プーチン政権に協力しなければならない

この新ルールを守ろうとしない者は、追放されたり投獄される羽目になった。

ウラジミール・グシンスキイは、テレビメディアなどを所有し「メディア王」と言われていたが、00年8月の原子力潜水艦クルスク号の沈没でプーチンの不手際を痛烈に批判した。

それがプーチンの逆鱗にふれ海外追放となった。

ボリス・ベレゾフスキは、「エリツィン・ファミリーの金庫番」と呼ばれるほどに成功していたが、所有するテレビ局などでプーチン政策を批判したため、ロンドンへの亡命を余儀なくされた。

ミハイル・ホドルコフスキイは、石油大手のユーコス社を所有していた。

彼は野党に献金し、大統領選への出馬も目論んでいたため、10年も投獄されることになった。

上記の3人は、「経済人は政治に関与してはならない」というゲームのルールに侵犯した者たちだった。

(2017年4月7日に作成)


世界情勢の勉強 ロシア 目次に戻る