プーチンは秘密主義である

(プーチン 人間的考察 木村汎著から)

プーチンの研究は、資料上の制約が大きい。

彼はKGBの出身で、個人情報は秘密のベールに閉ざされている。

プーチンがエリツィンの後継者に選ばれた時、全世界で「プーチンって誰?」との問いが飛び交った。

それ位に無名の人間だっだ。

彼が謎の人物になっている理由の1つは、自分について多くを語らないからだ。

幼馴染みのセルゲイ・ロルドゥーキンは、プーチンのこんなエピソードを紹介している。

「彼が腕を折った時も、その事について一切語ろうとしなかった」

この性癖は、KGBの訓練で助長されたと見ていいだろう。

プーチンの公式伝記『第一人者から』は、エリツィンがプーチンを後継者に指名したあと、当選のためにキャンペーン用として急いで編集・刊行されたものだ。

刊行から15年たったが、プーチンが秘密主義なのもあり、依然として彼についての主要な情報源となっている。

注意すべきなのは、『第一人者から』は書いていない事が多いことである。

例えば、プーチンがKGB職員として派遣されていた東ドイツのドレスデンで、どのような任務をしていたかは一言も触れていない。

ペテルブルク市役所にいた時代に関わった「食糧スキャンダル」についても、同様である。

プーチンの情報が少ないのは、彼の戦術・演出だ。

彼は初めて大統領選に出馬した2000年初め、己の政治綱領を発表することすらしなかった。

彼は、民主的な選挙をする気持ちがない点は一貫している。

この行動には彼独特の計算があるようだ。

つまり、『己の主義や立場を明らかにしないほうが、ある種のメリットを入手できる。有権者たちは私に各様の願望を投影できる』と踏んでいるのではないか。

ゲオールギイ・サターロフ(エリツィン大統領のアドバイザーだった人)

「プーチンは無色で、多くのロシア人に好かれる理由はその点にある」

(2017年4月7日に作成)


世界情勢の勉強 ロシア 目次に戻る