国家予算の半分以上は、石油・天然ガス産業からの税収

(ロシアNOW 2012.11.8.号から)

ロシアの国家予算の半分以上は、石油・天然ガス産業からの税収です。

現在は100億ドルほど。

ロシアは税制を改革して、石油企業の税負担は1999年の25%から、03年には41%に上昇した。

これにより、国家歳入をGDPの2.7%に増やしました。

東プリノボゼメルスク油田には、50億トンの石油と、10兆メートルの天然ガスがある。

西シベリアの未開拓エリアには、最小で20億トンの石油があり、実際は200億トンの可能性もある。

沖合の油田開発には、数百億ドルかかります。

このためロスネフチは、米国のエクソンモービルと契約を締結した。

ロシアの石油の輸出は、過去10年で年間1.2億トンから2.4億トンに増え、輸出額では
500億ドル→3900億ドルまで上昇しました。

ロシアの連邦予算は、石油・天然ガス産業が60%を占めている。

石油・天然ガス産業のマネーに依存しているため、実質的には石油・天然ガス産業は官僚たちに握られている。

○村本のコメント

過去10年で、石油輸出量は2倍に増えたのに対して、輸出額は8倍弱に増えています。

これは、価格の上昇のためでしょう。

現在のロシアは、エネルギー価格の上昇で儲けている状態です。
価格が下落したら、立ち行かなくなりますね。

サウジなどの中東諸国と同じく、「石油バブル」の恩恵で暮らしています。


世界情勢の勉強 ロシア 目次に戻る