共産党の将来の首脳部は、早期に確定する
次のトップは胡春華と孫政才らしい

(中国の歴史を知るための60章から抜粋)

中国共産党の上層部は、「上層部の賢人化」を基本政策としています。

「党指導部に賢人を登用して、賢人による統治を施すこと」を目指しているのです。

この考え方は、孔子の教えにまで遡れる発想とも言えます。

共産党は、首脳部の交代の制度化を、ケ小平時代から模索・整備してきました。

2002年に江沢民は、任期満了として党総書記を退任し、党のトップの終身制を廃止しました。

その後の胡錦濤時代に、「首脳部の交代の制度化」は、ほぼ完成しました。

その内容は、次の5点にまとめられます。

@ 首脳部の任期は、2期10年とする
  ただし66歳以上になると、2期目に再選されず引退する

A 安定性を確保するため、党総書記と首相は必ず60歳前後に就任し、2期10年を務める

B 地方省で党書記を経験した者のみを、首脳部に起用する

C 党総書記と首相には、政治局常務委員を1期5年以上務めた者を指名する

D A〜Cの条件があるゆえに、党総書記と首相の候補者には、50歳前後から地方省の
  党書記を経験させ、55歳前後に政治局常務委員に起用する

共産党は、このような制度化を通して、首脳部人事を「透明化・賢人化・安定化」しようと
しています。

この制度では、40歳前後の党幹部から後継者を見つけて、20年かけて人格と能力を
見極めつつ育てていくのです。

この制度のために、10〜15年後の人事がどうなるかを、予見できるのです。

現在トップの習近平と李克強は、共に10年前からトップになる事が周知されていました。

2022年に新たにトップになる者は、胡春華と孫政才になる事が、09年末に決定されて
周知されました。

○村本のコメント

このシステムについては、まだ日本ではあまり知られていません。
私も、この本で初めて知りました。

これが本当なら、ずいぶん大胆な政治システムを導入したものですね。
しかし、「中国ならばあり得るかな」と思います。


世界情勢の勉強 中国 目次に戻る