江沢民以後の外交
各国と協調し、中国式の外交を提示する

(中国の歴史を知るための60章から抜粋)

江沢民時代と胡錦濤時代を通して、中国は国際社会と積極的に関わってきました。

中でもアメリカとの関係を重視し、米中間では「全分野での協調関係」というコンセンサスが確立しています。

1990年代半ばからは、2国間外交から集団外交へと、政策の転換を行いました。

96年にはロシアなどと「上海ファイブ」を立ち上げ、01年には「上海協力機構」に発展させました。

APEC、アセアン、中国アフリカ・フォラーム、中国アラブ諸国・フォーラム、
中国と中南米・フォーラムなども、次々と展開しています。

胡錦濤政権は、「和諧社会(調和のとれた世界)」を掲げて、アメリカのブッシュ政権の
単独行動主義と各国への干渉に異議を申し立てて、「中国式の外交」を提示しました。


世界情勢の勉強 中国 目次に戻る