江沢民派と胡錦濤派の対立構図

(毎日新聞2012年11月16日の記事から)

党大会の初日には、引退したはずの保守派の長老たちが登場し、習近平らと並んで座りました。

習政権の背後には、終身現役の長老集団がいます。
これでは、改革は進みません。

習近平は、もともとは派閥色の薄い、地方官僚でした。
しかし、太子党の一員として、江沢民派から支持をされた。

今年の春先に、薄煕来のスキャンダルが発覚して、薄は常務委員の候補から落選しました。

そのために、激しい権力抗争が起きたのです。

薄煕来を保守系長老や沢民派がかばい、胡錦濤派は厳しい処分を求めました。

習は胡錦濤派につき、沢民派との距離が一時開きました。

今回、胡錦濤が完全に引退することに事で、江沢民派の影響力が決定的になりました。

胡錦濤はかつてケ小平が後継者に指名した人物で、江沢民は反ケ小平派が担いだ人物です。

今回の権力闘争は、「改革開放路線」のケ小平系と、「保守派」の反ケ小平系の対立が根底にあります。

ケは、周辺国との紛争を避けて、国内の経済建設に全力を挙げました。

江は、愛国主義を鼓舞して、軍事力を増強しました。

これからの中国は、高齢化が進み経済は減速します。
ケの路線に立ち返るのがよいでしょう。


世界情勢の勉強 中国 目次に戻る