内需拡大と農村の都市化を目指している

(毎日新聞2013年1月19日の記事から)

中国政府は、今後は7〜8%台の安定した成長を目指す方針です。

その本丸に、「農村部などの貧しい地域の都市化」を据えている。

貧しい地域の生活向上で内需の拡大を図っており、各地の大規模開発計画が相次いでいます。

中国のGDPは、公共事業などが5割を占めていて、比率が極めて高い。
逆に、消費の割合は4割と低い。

開発により、2010年末に10兆元(140兆円)だった地方政府の債務は、
2割増加しているといいます。

内需拡大を目指す中国には、各国がビジネスチャンス到来と注目しています。
だが、不動産バブルの危険性もあります。


世界情勢の勉強 中国 目次に戻る