マカオ自治区
返還後もカジノは拡大し、ラスベガスを抜いて世界一になっている

(世界がわかる!から抜粋)

現在では、マカオのカジノ収入は、ラスベガスを抜くまでに成長しています。

中国に返還された後も、カジノは増え続けています。

2006年9月にオープンしたカジノ「ウィン・マカオ」は、ラスベガスのカジノ王である
スティーブン・ウィンが建設しました。

他にも、ラスベガスの会社がいくつも進出しています。

今やマカオは、アメリカ資本を抜きには考えられません。

返還前のマカオは、スタンレー・ホーが12のカジノを独占営業していました。

しかし返還後の02年に、マカオ自治政府はカジノに外資の導入を認めます。

その結果、ラスベガスから資本が流入して、07年には総収入がラスベガスを上回りました。

マカオの成長率は、年20%という異常な好景気となりました。

2005年にマカオを訪れた観光客は、1871万人です。

そのうち1046万人は、中国本土からの客でした。

マカオ自治政府の税収は、7割がカジノからです。

カジノは、マネー・ロンダリングに利用されます。

汚れた金を持ち込んで、カジノのチップに替え、少し遊んで現金に戻します。
そしてカジノに預けます。

カジノは銀行に預金をして、汚れた金は洗浄されてマカオの銀行に入る、こういう仕組みです。

北朝鮮は、マカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア」を、秘密資金の口座として利用していました。


世界情勢の勉強 中国 目次に戻る