胡錦濤は完全引退を決断

(毎日新聞2012年11月15日の記事から)

習近平の新体制が発足した。

これまで最高権力者だった胡錦濤は、完全引退を決断した。

政権交代をしても、前最高権力者が中央軍事委員会の主席にとどまる慣例が、ケ小平の時から続いていた。
胡は、この慣例を行わなかった。

胡の指導理念「科学的発展観」は、党の最高指導理念「行動指針」への格上げが採択された。

胡は来春に国家主席も退任することで、完全引退となる。


世界情勢の勉強 中国 目次に戻る