イランは異なる民族の集合体

(誰にでもわかる中東 小山茂樹著から)

イランは、決して単一民族の国ではありません。

言語的にも、人種的にも、宗教的にも、異なる民族の集合体です。

宗教的に見れば、90%はシーア派ムスリムです。

言語的には、主流はペルシア語(ペルシア人)だが、50~60%に過ぎません。

トルコ語系が25%を占め、この中ではアゼリー語(アゼルバイジャン人)が85%を占めています。

彼らはシーア派のため、分離主義にはなっていない。

トルコ語系で2番目に多いのはカシュガイ人で、南部で主として遊牧に従事していて、シーア派です。

北東部には、トルクメンがいます。

彼らはスンナ派で、2000年時点で120万人です。

イラン西部の山岳地帯には、クルド語を話すクルド人がいます。

全人口の7%、430万人(2000年時点)と推定されている。

クルド人は、宗教的には主としてスンナ派です。

イラン南西部のフーゼスタン地域には、アラブ人が186万人います。

こちらはほとんどがシーア派です。

パキスタンとの国境地域には、スンナ派のバルーチ人(120万人ほど)がいます。

(2014年8月23日に作成)


世界情勢の勉強 イラン 目次に戻る