国家の主要なポストは王族が独占している
イスラム教ワッハーブ派を国教にしている

(大衝突 池上彰著から抜粋)

サウジは、サウード家が支配しています。

(サウディ・アラビアという国名は、「サウード家のアラビア」の意です)

サウード家の王族は2万人以上もいて、国家の主要なポストは王族が独占しています。

王族の支配に対する国民の不満は、高まっています。

サウジは、イスラム教を国教とする、専制君主制の国です。

イスラム教スンニ派の中でも、厳格な教義を特徴としている「ワッハーブ派」を採用しています。

サウード王家は親米路線を取っており、イスラエル以外では中東で最大の親米国です。

サウジ国民の中には、米国を「イスラムの敵」と考える人も多く、現在の政権が親米であることを「イスラムの裏切り者」と考えている人もいます。

9.11事件の犯人19人のうち、15人までもがサウジ人でした。
実行を命じたオサマ・ビン・ラディンも、サウジ人です。

サウジでは女性の権利が限定されているなどの問題がありますが、米国は民主化の要求をしません。
それは、サウジの石油が欲しいからです。

米国は、サウジが反米国家となって、石油の売却を拒否する事態になるのを恐れています。


世界情勢の勉強 サウジアラビア 目次に戻る