首都リヤド 全人口の24%が住んでいる

(サウジアラビアを知るための65章から抜粋)

2004年時点のリヤドの人口は、545万人。
全人口の24%が、リヤドに住んでいる。

住民の平均年齢は、男性は18歳、女性は17歳と、大変に若い。

リヤド市は、1920年代に首都に定められた。

だが、名ばかりの首都に過ぎなかった。
内閣府はメッカに置かれ、外交の窓口はジェッダであった。

しかし、70年代以降に省庁の本庁舎がリヤドに移転し、首都らしくなった。
企業も集まってきて、政治と経済の中心となった。

リヤドにある「キング・サウード大学」は、学生数4万人を擁して、サウジ最大の大学である。

近年の大卒率は6%といわれ、大学生は社会の上層部に位置している。


世界情勢の勉強 サウジアラビア 目次に戻る