戦略核兵器の削減条約
START1(1991年)とSTART2(1993年)

(そうだったのか!現代史2から抜粋)

米ソが、相手を狙う核兵器(長距離の核ミサイル)の削減を決めたのは、冷戦の終わりが近い1991年7月のことでした。

米ソは、『第1次の戦略核兵器の削減条約(START1)』に調印しました。

この条約の内容は、「戦略核兵器の運搬手段(ミサイルや爆撃機)を、7年で1600に削減する。弾頭数も今までの半分の6000に減らす。」というものです。

1993年には、『第1次の戦略核兵器の削減条約(START2)』が結ばれます。

そして、「戦略核弾頭を3000〜3500に減らす。多弾頭の大陸間弾道弾は全廃する。」と決めました。

(2014.5.1.)


世界情勢の勉強 世界的な事柄 目次に戻る