核兵器廃絶への活動は地道に続けられている

(新婦人しんぶん2014年7月3日号から抜粋)

今、核兵器廃絶の新たな勢いが生まれています。

国連では、核兵器禁止条約を求める決議が3分の2を超え、9月26日を『国際核兵器廃絶デー』とする事が決まりました。

「核兵器の人道上の影響に関する国際会議」も、定期的に開催されています。

第3回NPT準備委員会では、核兵器の廃絶の約束を果たさない核保有国への批判が相次ぎました。

この会議では、日本原水協の代表団は核兵器廃絶を求める署名目録を、アンゲラ・ケイン国連軍縮担当上級代表に提出しました。

ケイン氏は、「署名を持って大挙して来て、NPT再検討会議に影響を与えてほしい」と期待を述べました。

NPT再検討会議は、2015年に開かれます。

署名を集めて、代表団を送りましょう。

○村本尚立のコメント

国連に軍縮担当の代表がいるというのは、初めて知りました。

こういう人物・機関を、日本のメディアはもっと取り上げてほしいです。

(2014.7.18.)


世界情勢の勉強 世界的な事柄 目次に戻る