メガソーラーとは何か

(毎日新聞2012年8月31日から抜粋)

メガソーラーは、最近よく耳にする言葉ですが、いまいち定義が分かりませんでした。

毎日新聞の解説が分かり易かったので、記事を以下に抜粋します。

メガソーラーとは、太陽光パネルを敷き詰めた、「出力1メガワット(1000キロワット)以上」の大規模な太陽光発電所のことです。

1メガワットの発電所で、300世帯分を発電できる。

1メガワットの発電所の建設には、1〜2ヘクタールの土地が必要です。
建設費は、3.5億円程度かかる。

1キロワット時あたり42円で、電力会社が買い取る制度が、2012年7月に始まりました。

(固定価格買い取り制度のことです)

これにより、1メガワットの発電所で、年に4400万円程度の売電収入が見込めるという。

○ 村本のコメント

この買い取り制度によって、今どんどんメガソーラー・ビジネスへ新規参入者が出ています。

クリーンエネルギーの普及にとって、すばらしい制度だと思います。


新時代エネルギー 目次に戻る