燃料電池車の基本

(『クリーン発電がよくわかる本』から)

燃料電池車とは、燃料電池を搭載して、そこで発電された電気で走る自動車です。

燃料は、水素以外にも、天然ガス・メタノール・ガソリンが考えられています。

燃料電池車は、バッテリー電気自動車のように充電する必要がありません。
ここが大きな長所です。

ガソリン車は、燃料から出るエネルギーの10〜20%しか活用できません。

一方、燃料電池車は40%以上を活用できます。
停車中のアイドリングもありません。

先進国のCO2排出の3割は自動車によるもので、燃料電池車にすれば排出量を減らせます。

(2012年9月20日に作成)


新時代エネルギー 目次に戻る