バイオマス発電の基本

(『クリーン発電がよくわかる本』から)

バイオマスとは、「エネルギー利用を目的とした、生物に由来する有機物」の事です。

具体的には、木くず、家畜のふんなどを指します。

バイオマス発電は、バイオマスを発酵させて、発生したメタンガスを燃料として発電する
方式です。
残った発酵液は、堆肥に使用します。

バイオマス発電の課題は、バイオマスを集めてくる事です。

日本ではバイオマスは、ほとんど利用されずに捨てられています。

(2012年9月28日に作成)


新時代エネルギー 目次に戻る