八丈島で、地熱発電による自給自足計画

(毎日新聞2013年1月5日から)

東京都の猪瀬知事は、八丈島で地熱発電の規模を3倍にし、島の電力の8割を賄う構想を発表しました。

2014年度の着工、18年度の完成を目指します。

事業費は数十億円の見込みだが、東電に売電すれば採算は取れるという。

現在、8000人が暮らす同島では、地熱発電で電力の25%を賄っています。

猪瀬知事は、「電力の地産地消を進める」と会見で話しました。

○村本尚立のコメント

日本は地熱発電に適しているので、こういった事業をどんどん進めてほしいですね。

猪瀬さんは、なかなか良い政策をしていきそうで、結構期待し始めています。
前任者の石原さんよりも、はるかに良さそうです。

良いニュースなので、取り上げました。


新時代エネルギー 目次に戻る