ガスコンバインドサイクル発電

(『電力供給が一番わかる』から抜粋)

『ガスコンバインドサイクル発電』は、ガスタービン発電を改良したものです。

ガスタービン発電で出る排熱は550℃なのですが、これは蒸気タービンを動かすのに最適な温度です。
そこで、排熱も利用しようと考えました。

排熱で蒸気を発生させて、タービンを回して発電し、その電力も活用するのがこの方式です。

この方法によって、発電効率を47〜59%まで上げる事ができます。

(ガスタービン発電だと、発電効率は40%ほど)

○ 村本のコメント

東京都知事の猪瀬さんが、ガスコンバインドサイクル発電所を造ると言っていたと思います。

高効率の火力発電方式として、かなり注目を集めてきています。

将来的には、太陽光発電などのクリーンな発電に完全にシフトするのが最適です。
でも、それまでの過渡期にはこの発電方式は使えますね。

(2013年1月18日に作成)


新時代エネルギー 目次に戻る