蓄電池電車の誕生

(毎日新聞2012.11.7.から)

JR東日本は、『蓄電池電車』を栃木県で、2014年春から運転します。

『蓄電池電車』は、車両に搭載したリチウム蓄電池で走り、終点の烏山駅で充電をする。

現行の車両よりもCO2の排出を60%も削減でき、騒音も出ない。

定員は131人〜134人。

○ 村本のコメント

まだ走行できる距離も短いし定員も少ないですが、リチウム蓄電池が改良されれば大普及する技術ですね。

よく知りませんが、現在の「線路の上に電線を引いて、適時に電力を電線からもらいつつ走る」スタイルは、あまり効率が良くないようです。


新時代エネルギー 目次に戻る