洋上風力発電に三菱重工が参入

(2013年2月4日の毎日新聞から)

三菱重工業は、7000kW(7MW)級の大型洋上風力発電の開発に乗り出した。

2015年の販売を目指している。

三菱重工は、洋上風力発電の国際市場に、日本企業として初の参入を目指す。

同社は、風車と発電機をつなぐ部分に、世界初の油圧式制御装置を採用した。
デジタル制御によって、安定した回転数の切り替えが可能という。

従来の増速機や電力変換装置が不要になり、修理が減る。

洋上風力発電は、2020年代には現在の10倍まで発電総量が伸びるとの予想もある。

○ 村本のコメント

すばらしいチャレンジです。上手く行くと思いますよ。

三菱重工は日本の原発3大メーカーの一つです。
もう原発はやめて、こういう技術に転換しましょう。

原発から撤退して、風力発電にそのエネルギーを注入したら、世界一の風力発電メーカーになれると思います。
日本のメーカーさんは、エネルギーを一点に注がないから上手くいかないんですよ。

「最近、風力発電がブームだから、その流れに乗ってみよう」みたいな安易な気持ちだと、失敗するでしょう。


新時代エネルギー 目次に戻る