洗剤なし洗濯機について

『洗剤がなくても、きれいに汚れを落とせる』という洗濯機が、10年くらい前に登場しました。

私は合成洗剤が好きではなく、天然洗剤を使っているので、当初から興味を持ちました。

(ちなみに私は、時間の許す限り「固形の天然油脂洗濯せっけんとお湯による手洗い」で
 服を洗っています。本当によく汚れが落ちますよ!)

洗剤なし洗濯機については、「どういう仕組みなのかなー」とずっと思っていました。

新聞にそれを開発した方の記事が出ていて、謎が解けたので、その情報をアップします。

(毎日新聞2013.2.15.から抜粋)

開発に関わった奥俊一郎さんの話。

「1990年代の半ば頃に、アトピーやかぶれの悩みを聞く機会が増え、洗剤なし洗濯機を
 思うようになりました。

 問題は汚れを落とす方法でした。

 水道水を電気分解すれば、塩素と水から次亜塩素酸を生成できる事に気付きました。
 洗濯機の中で、この化学反応を起こせばいい。

 2001年に発売した世界初の『洗剤ゼロコース付きの洗濯機』は、大反響で多い月には
 1.2万台も売れました。 」

ところが、洗剤メーカーの猛反発を受けた。

「僕達は、『ゼロコースでは泥汚れまでは落とせないし、洗剤を否定してはいない』と
 訴えました。

 でも洗剤メーカーの研究者から、『この洗濯機はやめた方がいい』と言われました。

 商品が物議を醸す現実に、一時は落ち込みました。でもお礼の手紙やメールを1日に
 何百通もいただき、奮い立ちました。

 (自分が現在勤めている)ハイアールの洗濯機には、洗剤ゼロコースが付いています。 」

 (抜粋はここまで)

なるほど。水道水の塩素を活かして、それを元に汚れを落としているのですね。

洗剤メーカーによる猛反発は、私でも記憶しているくらいに、世間を席巻しましたね。

「身体に良くないものを(合成洗剤を)作っているのに、足掻いているんじゃない! 
 もう時代は変わってきているのだぞ。」
 と、当時に思いましたが、未だに合成洗剤メーカーは存在しています。

「楽をしたい」とか、「真っ白にしたい」とか、「ふわふわにしたい」などと贅沢を求めると、合成洗剤になるんですよ。
人々の意識変革が必要です。

上記しましたが、「固形の天然油脂洗濯せっけんとお湯による手洗い」はいいですよ!

風呂場でもみ洗いををするのですが、洗濯機で洗うよりも汚れが落ちます。

昔の洗濯板で洗うスタイルが優れていたのだと、気付かされましたよ。
私のような手洗い・もみ洗い派には、綿素材が適している事も分かりました。

私はアトピーだから実感していますが、合成洗剤は身体に悪いですよ。
自然環境にも悪いですしね。
もっとも、洗剤メーカーはこの事実を強硬に否定しますが。

洗剤メーカーの態度は、原発メーカー・原発村と一緒です。

この手の人達を見ていると痛感するのですが、「新しい道への可能性を常に開いておく姿勢」「自分の利害を超えることを選べる姿勢」を持っているというのは、すごい事ですね。

そういう誠実な生き方をできる人々を、私は心から尊敬します。


新時代エネルギー 目次に戻る