天然ガスとLNGの解説

(『電力供給が一番わかる』から)

天然ガスを使った火力発電は、環境に優しい。

CO2の排出量は、石炭を100とすると、石油は80、天然ガスは57です。

日本は、天然ガスのほぼ全量を、輸入に頼っています。

日本はLNGの輸入量では世界一で、天然ガスの輸入量では世界3位です。

天然ガスは、産ガス国でいったん液化されて、LNG(液化天然ガス)という形になって船で運ばれてきます。

天然ガスは冷却すると液体になり、体積が600分の1になる。
体積を減らすことで、大量に運ぶ事が可能になります。

マイナス162度以下に冷やすと、液体になる。

天然ガスの可採年数は120年と言われており、枯渇の心配はほぼない。


新時代エネルギー 目次に戻る