山梨県で、電力の完全自給化計画がスタートした

(毎日新聞2013.4.10.から抜粋)

山梨県は9日、「クリーンエネルギーによる地産地消を、2050年をめどに実現させる」と発表しました。

福島県は昨年に目標として掲げたが、それが他県に広がったのです。

山梨県の人口は、85万人です。

クリーンエネルギーを、2011年度の17億kW時から、50年度には3倍の52億kW時に増やします。

(現在は17億kW時のうち、15.5億kW時は水力発電)

10年度には65億kW時の消費があったが、節電で2割の削減をし、クリーンエネルギーの発電量を上げて、完全自給を達成する。

山梨県は、日照時間が全国で2番目に長い。
それを活かし、太陽光発電を26億kW時に増やします。

同県は、水資源にも恵まれており、小水力発電も増やします。

県は今月に、「エネルギー局」を新設し、メガソーラー誘致などを進める予定です。

○村本のコメント

すばらしい計画ですねー。
感動したので、ここで取り上げました。

山梨県の日照時間が長いなんて、全然知りませんでした。


新時代エネルギー 目次に戻る