番外編 小型家電リサイクル法が施行された

(毎日新聞2013年4月8日から抜粋)

携帯電話やゲーム機などの「小型家電」について、使用済み品を市区町村が回収して再資源化を図る、『小型家電リサイクル法』が施行された。

小型家電には、金などの「レアメタル」が使われている。
今回の法律は、それらの資源を有効活用(リサイクル)する制度といえる。

新制度では、ほとんどの家電が対象となるが、住民は無料でごみを出せる。

環境省によれば、1年間の使用済み小型家電は65万トンに上り、含まれる有用金属は844億円の価値がある。

具体的には、金は10.6トン、銀は68.9トンに上る。

これをリサイクル出来れば、資源の海外頼みの軽減にもつながる。

新制度は、リサイクルを義務化せず、自治体の自発性に頼っている。
現在は、参加意向を示した自治体は、3割にとどまっている。

自治体は、集めた家電を国の認定を受けた事業者に渡す。
現状では、自治体の収益に繋がってはいない。

事業者が利益を自治体に還元できる体制を、整える必要がある。

当面は、政府による自治体への財政支援が必要だろう。

住民の理解が進めば、自治体も動く。

住民の理解には、「どれだけリサイクルが進んだのか、どれだけ利益があがったのか」などを情報公開するのが良い。

レアメタルの回収技術は、官民が連携して開発するのが良い。

家電メーカーも、製品づくりの際に、リサイクルしやすい設計などをしてほしい。

メーカー側が、製品にどんなレアメタルを使用しているか等を事業者に教えれば、
回収作業の効率は上がる。

○ 村本のコメント

私は前々から、「大型家電以外も、もっとリサイクルできるはずだ。そうなれば、環境にも優しい。金などの値段が上がっているのだから、経済的にも成立するはずだ。」と思っていました。

ようやく、実現のめどが立ったみたいです。

皆のリサイクル意識が高まれば、すぐにでも全国で実施されると思います。

意識喚起のために、『私の提案』のページでも取り上げようと思います。


新時代エネルギー 目次に戻る