シェールガスについて

(『2013年5月の月刊なるほドリ』から抜粋)

シェールとは、頁岩のことです。

頁岩は、泥土が積み重なって固まった「泥岩」の一種。

頁岩層にある天然ガスを、シェールガスと言う。

シェール層は地中深くにあり、シェールガスは固い岩盤に閉じ込められている。

シェール層に天然ガスが含まれている事は、200年ほど前から知られていたが、
取り出すのが難しかった。

2005年あたりから、アメリカで画期的な採掘技術が広まった。

シェール層に沿って水平に井戸を掘り、薬剤の入った水の圧力で、シェールにひびを入れて
ガスを取り出すのです。

シェールガスは、世界の広範囲で存在が確認されています。

確認されている存在量では、中国がトップ。
アメリカ、アルゼンチン、メキシコと続く。

しかし、安定的に採取できるのは、今のところアメリカとカナダだけ。

日本は、原発の停止により、LNGの輸入量が増えています。
そのため、シェールガスの輸入を目指している。


新時代エネルギー 目次に戻る