メガソーラーの建設が、長らく未利用の工業団地で進んでいる

(毎日新聞2012年8月27日から抜粋)

メガソーラーの建設用地として、工業団地の活用が広がっています。

工場を誘致できずに不良債権化した工業団地が、脚光をあびています。

宮崎県川南町では、47年間も未利用だった土地に、メガソーラー(2025kW)の建設が決定しました。

年間600万円の賃料や、年間250万円の固定資産税が、川南町に入る。

メガソーラーは、雇用はほとんど生まないが、「税収増だけでも大きい」と同町は言う。

広島県呉市でも、6000kWのメガソーラー建設が決まった。

ソフトバンクは北海道苫小牧市で、11.1万kWのメガソーラーを建設する予定です。

全国には900ヵ所の工業団地があり、東京ドーム3200個分の土地が未利用のままです。

長年未利用の土地は、メガソーラーが有効な活用方法になります。


新時代エネルギー 目次に戻る