再生エネが半年ほどで144万KWも増えた
その中心は太陽光発電

(毎日新聞2012年12月15日から)

経産省は、2012年4月〜11月に発電を始めた再生可能エネルギーが、144万kWだったと発表しました。

「固定価格での買い取り制度」が7月に始まり、普及を後押ししています。

住宅用の太陽光発電が、103万kWで、全体の71%を占めました。

メガソーラーなどの住宅用ではない太陽光発電は、37万kWで25.7%でした。

その他は、バイオマスが1.9%、風力は1%でした。

○ 村本のコメント

太陽光発電は、設置が楽で時間がかからないため、どんどん増やしていけます。
再生エネのエースと言っていいです。

それにしても、太陽って偉大ですね。 古代では基本だった太陽信仰が、復活しちゃうかも。


新時代エネルギー 目次に戻る