温泉発電の基本

(『地図で読む日本の再生可能エネルギー』から)

地熱発電には、温泉熱を利用した『温泉発電』もあります。

源泉の温度の高い温泉地では、温泉発電を進める所も増えています。

温泉発電で代表的なのは、水よりも沸点の低い代替フロンなどを温泉熱で沸騰させて、
その力でタービンを回す方式です。

固定価格買い取り制度の対象にもなり、温泉地で注目を集めています。


新時代エネルギー 目次に戻る