東京都と神奈川県の再生エネへの取り組み

(『地図で読む日本の再生可能エネルギー』から)

東京都は、太陽光パネルが普及してきており、太陽光発電の量は全国で7位です。

東京都は、「2020年までに、再生可能エネルギーの割合を20%以上に高める」とした戦略を策定しており、導入を進めています。

神奈川県は、再生可能エネルギーの供給密度が全国1位です。

県は、「創エネと省エネを行い、2020年までに再生エネの割合を20%以上にする」としています。

「かながわソーラーバンク・システム」に取り組むと共に、全国に先駆けて県の施設の
「屋根貸し」を実施して、太陽光発電事業者の公募をしました。


新時代エネルギー 目次に戻る