世界全体での再生可能エネルギーの現状 急速に普及が進んでいる

(『地図で読む日本の再生可能エネルギー』から)

2012年時点で、世界の電力の22%が、再生可能エネルギーで供給されています。

12年度に導入された発電設備のうち、半分以上が再生エネです。

2012年の風力発電の新規導入量は、4500万KWとなりました。

風力発電は、年率20%で成長を続けており、すでに世界全体では280GWになっています。

国別では、1位は中国(75GW)、2位はアメリカ(60GW)です。

中国は、07年には10GWでしたが、わずか5年で7.5倍になっています。

日本は、大きなポテンシャルを持ちながら後発組です。

太陽光発電は、2012年度の導入量は3000万KWで、累積量は1億KW(100GW)です。

日本でも、固定価格買い取り制度の始まりで、拡大しています。

欧州では、『再生可能エネルギー比率100%』を目指した政策が始まっています。

ドイツでは、すでに20%以上をまかなっており、2020年には35%、30年には50%、50年には80&を目指しています。

日本では、2010年の計画で「2030年までに20%」が目標となり、12年9月の戦略で「2030年までに30%」に引き上げられました。

日本のNGOや研究所は、「2050年までに100%を目標にしよう」と提言しています。

○村本のコメント

あまり知られていませんが、中国は再生エネに非常に力を入れているんですよねー。

日本も負けていられませんよ。


新時代エネルギー 目次に戻る