電気自動車の充電ステーションが増えるぞ 自動車大手の取り組み

(2013.11.13.の毎日新聞から抜粋)

トヨタ、ホンダ、日産、三菱自の4社は、電気自動車の普及を進めるために、

「コンビニなどが急速充電器を設置する際に、最大190万円の補助をする」

 と発表しました。

この補助を活用した場合、設置者の自己負担はほぼゼロになります。

4社は、全国の急速充電器を、現在の1900基から、4000基に増やそうとしています。

普通充電器も、現在の3500基から、8000基にしたい考え。

充電器の保守費も、4社が負担します。

補助にはいくつか条件があり、来年2月末まで募集します。

○ 村本のコメント

電気自動車は、技術的にはかなり充実してきているので、『あとは充電ステーションを全国に設置するのみ』です。

多くの人は、「電気自動車の普及は、まだ先だろう」と考えているようですが、
私は「もう機は熟している」と思います。

織田信長さんのような革新者の生涯を勉強すると、周りから「まだ時期が来ていない」と言われても、それに流されずに実行する勇気が大切なのだなと感じます。

考えてみると、本田宗一郎さんも、そういう態度で「世界のホンダ」にしたんですよねー。

今のところ、日産がいちばん電気自動車に力を入れているようです。

私は、「いつかその努力が報われる時が来る」と、じっと観察しております。


新時代エネルギー 目次に戻る