石炭による火力発電の現状  まだ発電の主力である

(毎日新聞2013年5月26日から抜粋)

石炭による火力発電は、燃料費が格安です。

石炭の発電単価は、1kW時あたり4円です。

石油(16円)の4分の1で、LNG(11円)と比べても半分以下です。

その一方で、石炭火力はCO2の排出量がLNGの2倍です。

日本では、LNG発電が42.5%、石炭発電は27.6%です。

2010年度には、世界の発電量の41%が石炭火力でした。

中国では78%、インドでは68%を占めている。

アメリカでも46%、ドイツでも44%と、先進国でも石炭火力は主力です。

従来の石炭火力は、酸性雨の原因となるSOxも排出し、環境汚染になっています。

しかし日本は、SOxの排出量を99%除去し、CO2も2割低下させた発電所を開発成功しています。

日本の技術を各国が導入すれば、世界のCO2排出量の5%分を削減できます。

○村本のコメント

安倍内閣は原発の輸出を進めようとしていますが、輸出するならば石炭火力の方がいいのではないでしょうか。

日本は、地熱発電や太陽光発電の技術でも世界でトップ・クラスなのに、それを活かしていません。

なんで今さら原発輸出なのですか。


新時代エネルギー 目次に戻る