電力のロス・非効率について

(『クリーン発電がよくわかる本』から)

火力発電で電力を生み出すと、熱のロスが生じます。

これにより、55〜60%ものエネルギーは、利用されずに近くの海に捨てられます。

また、残りの40〜45%のエネルギーを電力にして送電しているが、使用者の元に届くまでに電線の抵抗によって、5〜10%の電力が失われています。

(2012年9月18日に作成)


新時代エネルギー 目次に戻る