プラスチックのリサイクル
3つの方法がある もっとルール作りをした方がいい

(地球環境にやさしくなれる本 から抜粋)

プラスチックごみでは、空き袋やトレーなどと、ペットボトルは分別します。

これは、「容器包装リサイクル法」で再資源化が定められたからです。

(民衆のリサイクルの要望が高まり、法律ができた)

分別の目印となるのは、『識別マーク』です。

トレーなどには「プラ」のマークが、ペットボトルには「PET」のマークが付いています。

プラスチックは、ポリスチレン(PS)やポリプロピレン(PP)など、約100種類もあります。

本当は分別した方がいいのですが、ペットボトル以外は「その他のプラスチック」として
一緒にしています。

回収されたプラスチックは、3つの方法でリサイクルされています。

1つ目は、原料として再利用する「マテリアル・リサイクル」です。

これを行うには、素材ごとに分別する必要があるので、ペットボトルや発砲スチロールでしか行われていません。

2つ目は、ペットボトルから新しいペットボトルを作る「ケミカル・リサイクル」です。

プラスチックを化学分解して元の原料に戻し、新しい製品を作る方法です。

3つ目は、火力発電の燃料にする「サーマル・リサイクル」です。

プラスチックは石油から作られているので、燃料としてリサイクルする方法です。

○村本尚立のコメント

分別しない「その他のプラスチックごみ」は、サーマル・リサイクルに使われています。

このリサイクル方法は、あまり良いと思えません。

国が法律を作ってプラスチックの種類を3〜5種にまとめ、すべてをプラスチックとして
再利用できるようにした方がいいです。


省エネをしよう 目次に戻る