服装で行える省エネ

(地球環境にやさしくなれる本 から抜粋)

近年は、季節感のない服装で過ごす人が増えています。

省エネのために、季節に合った服装を心掛けましょう。

環境省は、夏場は「ノーネクタイ・ノー上着」のクールビズを推奨しています。

上着とネクタイをなくすと、体感温度は2℃も下がります。

季節の変わり目には、薄手の上着やショールを活用し、冷暖房を使わずに暑さ寒さを調節しましょう。

冬場は、重ね着をしましょう。

分厚い素材の服を1枚着るよりも、数枚を重ね着したほうが、服と服の間に空気層ができて暖かいです。

冬には、マフラーや耳当ても有効です。

服選びでは、一時の流行に惑わされずに、長く着られるものを選びましょう。

衣類の汚れの大半は、汗と埃です。

普段から風を通したりブラッシングをすれば、クリーニングに出す回数を減らせます。

穴の開いた服は、繕ったりつぎ当てをしましょう。

子供服は、子供の成長は早いので、すぐに着られなくなります。

お下がりを譲り合ったり、着なくなった服をバッグに作り変えたりしましょう。

1年に1度はタンスを整理して、いらない服は人にあげたり売ったりしましょう。

(2014.7.18.)


省エネをしよう 目次に戻る