職場で行える省エネ

(地球環境にやさしくなれる本 から抜粋)

少しでも席を立つ時は、パソコンのモニター画面の電源を切りましょう。

コピー機やプリンターも、使用しない時は電源を切ります。

人がいなくなる昼休みには、消灯しましょう。

オフィス内にいる人がまばらな時は、人のいる部分だけ電気をつけます。

エアコンの節電をするために、夏のクールビズと冬のウォームビズを取り入れましょう。

ゴミを分別するために、ゴミ箱をゴミごとに用意しましょう。

工場では、様々な電動機が60%の電力を使っています。

空運転を防止するために、操作しやすい位置にスイッチを置きましょう。

工場のレイアウトを見直せば、作業時間の短縮ができます。

自然光を取り入れて、照明を減らしましょう。

各種の機械は、きちんとメンテナンスをして、効率よく使いましょう。

ポンプと送風機は、消費電力が多いので効率よい運転が大切です。

工場の規模に合うものを選び、無駄のない配管にしましょう。

(2014.7.20.)


省エネをしよう 目次に戻る