日本のみんな、「もったいない」の精神を思い出そうぜ

(地球環境にやさしくなれる本 から抜粋)

「もったいない」という日本語は、ノーベル平和賞を受賞したワンガリー・マータイさんが来日時に知り、国際会議などで紹介して世界に広まりました。

昔の日本人は、「もったいない」と考える習慣が身に付いており、「物を粗末にはできない」と誰もが思っていました。

大量生産・大量消費・大量廃棄という経済優先の社会になり、私たちは「もったいない」の精神を忘れています。

もう一度、昔の人たちが大切にしていた「もったいない」の文化を見直しましょう。


省エネをしよう 目次に戻る