シーア派の少数派① ザイード派

(誰にでもわかる中東 小山茂樹著から)

ザイード派は、アリ以降の最初の4人のイマームは認めるが、「第5代イマームはザイードだ」とする。

信条や戒律はスンニ派に極めて近く、イエメンでは長い間この派のイマームが支配者だった。

今日でもイエメン北部は、ほとんどがザイード派である。


イスラム教 目次に戻る