ハディースとは

(イスラム世界のこれが常識から抜粋)

ハディース(伝承)は、「ムハンマドの言行を集大成したもの」です。

ムハンマドの言行は、長らく口伝で流布していました。
8世紀半ば~10世紀にかけて、学者たちによって編纂が始まります。

イスマーイール・アル・ブハーリー(810~870年)は、20万ものハディースを集めて、2762だけを本物として認定し、それを編纂しました。

このブハーリーのヴァージョンが、権威として認められています。

ハディースは、本文(マトン)と、伝承がどのような過程をたどったかを記録した
イスナード(経路)で、構成されています。

10世紀には、経路が本物かを調査する「ハディース批判学」も生まれました。
この結果、経路に登場する人物たちの伝記も作られました。

批判学を通して、本物とされるハディースが選ばれていきました。

ハディースは、ブハーリーのヴァージョンを含めて、6書が尊重されたといいます。

ムハンマドが実践した事は、「スンナ(範例・慣行)」と言われ、スンナの定義はハディースの研究によって行われます。

ハディースのほとんどは偽作である、とする人もいますが、スンニ派にとっての重要な文献となっています。

スンニ派は、「スンナ(スンニ)に従う人々」の意味です。

スンニ派にとってはハディースがスンニですが、シーア派ではイマームの言行の伝承を
ハディースとします。


イスラム教 目次に戻る