スンニ派
公認4学派(ハナフィー派、マーリク派、シャーフィー派、ハンバル派)

(誰にでもわかる中東 小山茂樹著から)

スンニ(スンナ)とは、慣行・慣例を意味する言葉。

スンニ派とは、「慣例や伝統を重視する派」の意です。

スンニ派の中で、4大経典について「どれを重視するか」で、教徒の対立が生まれた。

そして、4つの宗派が生まれた。
これが、『スンニ派の公認4学派』と呼ばれるものである。

①ハナフィー派   コーランの次にキャースを重視する

②マーリク派    ハディースを最も重視する

③シャーフィー派  4つの教典を等しく扱う

④ハンバル派    コーランとハディース以外は認めない

ちなみに、サウジアラビアで支配的な宗教となった『ワッハーブ派』は、ハンバル派と重大な関わりを持っている。


イスラム教 目次に戻る