イスラム教の最重要な教義(六信五行)

(誰にでもわかる中東 小山茂樹著から)

イスラム教の最重要な定めは、『六信五行』です。

六信とは「6つの信仰の基礎」であり、五行とは「5つの行動の基礎」です。

○ 六信

①  アッラー以外には神はいない

②  アッラーからのすべての啓示・教典を信じ、コーランが最後の教典である事を信じる

③  アッラーからのすべての預言者を認める(モーセ、イエス、ムハンマドなど)

④  天使(マラーイカ)たちが、アッラーの命令の下で働きを行うことを信じる

⑤  復活の日、死後の生命を信じる

⑥  アッラーの定め(天命)を信じる

○ 五行

① 念真(シャハーダ) 「アッラーの他には神はなし。ムハンマドはアッラーの
             使徒なり。」と唱えて、信仰告白をする

② 礼拝(サラート)  1日に5回、メッカの方向に礼拝をする

③ 喜捨(ザカート)  貧者に対する施しをする。昔はザカートは宗教税で、物品に応じて
            細かく税率が定められていた。

④ 断食(サウム)   イスラム暦の九月(ラマダーン)には、夜明けから日没までは
            飲食をしない

⑤ 巡礼(ハッジ)   一生に一度は、メッカ巡礼を果たす

この他の戒律で有名なのは、「アルコールと豚肉の飲食の禁止」です。

豚肉は、昔は汚れた肉と考えられていた。
事実、中東の気候風土では腐敗しやすい。

さらに、「四人妻」の戒律があります。

これは、一般には「妻は4人まで持てる」と理解されている。

しかしイスラム学では、「イスラム教以前の乱れきった婚姻制度にメスを入れて、妻を4人までに制限した」という見方が有力です。

しかもコーランは、「妻たちを公平に扱うことが出来ない者は、妻を一人も持たぬように」と説いている。


イスラム教 目次に戻る