シーア派①

(誰にでもわかる中東 小山茂樹著から)

イスラム教は、聖と俗の区別をしなかったために、イスラム社会では世俗世界の紛争が
ただちに宗教界に持ち込まれた。

これにより、イスラム教の誕生後すぐに分裂が生じた。

イスラム教は、政治的な対立が宗教的対立へと繋がりやすい側面がある。

イスラム教の最も重大な分派は、『シーア派』である。

第4代のカリフ(預言者の後継者)となったアリ(在位656~661年)は、預言者の従兄弟だったが、ハーリジー派によって暗殺された。

この後、アリの対抗馬であったウマイヤ家がカリフを世襲化して、「ウマイヤ朝」を創った。

しかし、アリの支持者で「アリの子孫にカリフの正当性がある」と主張するグループは、
アリの子供フセインを擁して、ウマイヤ家打倒に立ち上がった。

フセインは、680年10月10日に敗死したが、この日こそがシーア派の最大の服喪日である「アシュラ」である。

シーア派とは、『シーア・アリ』の事で、シーアとは党派の意。
つまり、シーア派とは『アリの党派』を意味する。

シーア派は、アリ以前の3代のカリフを含めた歴代のカリフを一切認めず、アリ及び彼の子孫のみを、預言者の後継者とする。

シーア派は、「アッラーの他に神はなし、ムハンマドはアッラーの使徒なり」の後に、
「そしてアリは、ワリー(選ばれた友)なり」と付け加える。

彼らは、アリの子孫を「イマーム(預言者の後継者)」と呼び、現世の最高権威者とする。


イスラム教 目次に戻る