ハーリジー(ハワーリジュ)派、イバーディ派

(誰にでもわかる中東 小山茂樹著から)

これは、最も初期のイスラム分派です。

ハーリジー派は、「預言者の後継者であるカリフは、すべての信者に開かれるべきで、
預言者のファミリーに限られるのはおかしい」とする、平等主義の派です。

今日では、この派はアルジェリアとリビアの一部に存在する。

オマーンでは「イバーディ派」として知られ、国教となっている。


イスラム教 目次に戻る