正統4カリフについて

(イスラム世界のこれが常識から抜粋)

ムハンマドは、最初の妻のハディージャとの間に、三男四女をもうけました。

男子はすべて夭折し、ムハンマドの死去の際に残っていた娘は、末娘のファーティマだけでした。

ムハンマドの死後、後継者争いは三つ巴で行われました。

第一はムハージルーン、第二はアンサール、第三はクライシュ族のウマイヤ家の人々でした。

結局、アラビア世界の慣行に従って、選挙で決められる事になりました。

そして、ムハージルーンの長老で、ムハンマドとは親友であり、ムハンマドの妻アイーシャの父でもあった『アブー・バクル』が後継者となりました。

アブー・バクルは、「神の使徒の代理人(ハリーファ)」となり、ハリーファがなまって
「カリフ」と表現されるようになったのです。

初代カリフのアブー・バクルから4代目カリフのアリーまでは、ムハンマドと身近であった上に、その教えを直接受けた人達だったため、『正統4カリフ』と呼ばれています。


イスラム教の歴史 目次に戻る