ムハンマドの生涯② ムハンマド、メッカに生まれる
コライシュ族 ハーシム氏族

(イスラム・パワー 松村清二郎著から抜粋)

571年に、ムハンマドはメッカに生まれた。

当時のメッカは、偶像崇拝をする多神教徒の「コライシュ族」が支配していた。

ムハンマドは、コライシュ族の一員だった。

コライシュ族は、メッカのカーバ神殿の鍵を預かる管理者であり、メッカの隊商交易を支配していた。

イスラム学者のモンゴメリー・ワットによれば、当時の一部のコライシュ族は「漠然たる一神教」を信仰していたという。
アッラーフ(アッラー)という神は、ムハンマド以前にも知られていた。

ムハンマドは、単なる宗教改革ではなく、メッカの人々の生活態度を改革しようとしていたと解釈できる。

(イスラム世界のこれが常識から抜粋)

ムハンマドから数えて11代前の祖先は、クライシュという人物でした。

このクライシュから氏族が分かれていき、子供たちは『クライシュ族』と呼ばれるように
なったのです。

クライシュ族はアラビア世界の名門となり、5世紀にはクライシュ族のクサイイがメッカの支配者となり、メッカのカーバ神殿を再建したといいます。

クライシュ族はカーバ神殿の管理者となり、隊商を率いる大商人にもなっていきました。

クサイイの孫ハーシムから、『ハーシム氏族』が分かれました。

ハーシムの子であるアブドル・ムッタリブは、クライシュ族の中でも崇められた人物で、
メッカを59年間に渡って支配しました。

アブドル・ムッタリブには3人の男子がおり、そのうちの1人アブドゥラーがムハンマドの父親です。

アブドル・ムッタリブの男子の残り2人は、アル・アッバースとアブー・ターリブです。

アル・アッバースは、後のアッバース朝の創始者の祖先にあたる人物です。

アブー・ターリブは、第4代カリフとなるアリーの父親です。

アブドゥラーは、ヤスリブ(後のメディーナ)のアーミナという女性と結婚し、
ムハンマドをもうけます。

しかし、アブドゥラーはムハンマドが生まれる前に他界し、アーミナもムハンマドが6歳の頃に他界します。

ムハンマドは孤児となり、祖父のアブドル・ムッタリブに引き取られます。
その祖父も、ムハンマドが8歳の時に他界します。

その後は、叔父のアブー・ターリブに引き取られ、叔父が商人だったために商人になるように育てられていきました。

(世界の歴史⑧ イスラーム世界の興隆 から抜粋)

ムハンマドが生まれ育ったメッカは、イエメンやシリアと交易をする、商人の町でした。

コーランを紐解けば、横溢しているのは「商人の倫理」であり、遊牧民の倫理ではない。

イスラム教の最後の審判では、すべての人は生前の善行と悪行が商品を計るように秤にかけられ、天秤がどちらに傾くかで天国行きか地獄行きかが決められる。

イスラム教は商人たちの宗教であり、そのために商人の地位は高くて、遊牧や農業よりも尊ぶべき職業と見なされます。

(この点で、仏教やキリスト教などとは著しく異なる)

メッカは小さなオアシスであり、周囲を岩山に囲まれ、農耕には不向きでした。

クライシュ族がこの町に住み着いたのは、5世紀末だった。

ムハンマドの5代前のクサイイは、一族を率いてメッカを征服し、カーバ神殿の守護権を手にした。

クライシュ族は、マフズーム家、アブド・シャムス家(後のウマイヤ家)、ハーシム家、
アサド家などに分かれていき、ムハンマドはハーシム家に生まれます。

ムハンマドが生まれた頃には、クライシュ族は冬には南のイエメンへ、夏は北のシリアへ、
隊商を派遣していました。

すでにこの時期に、カーバ神殿にはアラビア半島の各地から巡礼者が集まってきていた。

巡礼者の目当ては、メノウ石の偶像フバルでした。

ムハンマドは570年頃に生まれた。

誕生の時にすでに父はなく、ハーシム家の長であった祖父のアブド・アル・ムッタリブの保護の下で、母アミーナの手ひとつで育てられた。

ムハンマドに兄弟はなく、母と2人で暮らした。

母は6歳になった頃に亡くなり、2年後にはムッタリブも亡くなった。

その後は、ハーシム家の家長を継いだ叔父のアブー・ターリブに引き取られた。

彼の少年時代について、これ以外の事実はほとんど知られていません。

伝承学者イブン・サード(845年没)は、成人後のムハンマドを次のように伝えています。

「肌は赤みがかった白で、目は黒く、頭髪は長く柔らかであった。

 口ひげとあごひげは共に濃く、薄い毛が胸から腹まであった。

 肩幅は広く、足取りはしっかりしていて、歩き方はまるで坂道を下るようであった。

 背丈は、低くもなく高くもなかった。

 いつも丈の短い木綿の服を身につけ、バターとチーズは好きであったが、
 トカゲは食べなかった。

 よく悲しげな顔をすることがあったが、思索にふける時はいつまでも黙っていた。

 人に対して誠実であり、進んで人助けを行い、常に優しい言葉をかけるのを
 忘れなかった。」

この伝承は、ムハンマドが亡くなって200年後にまとめられたものだが、なかなか興味深い。


イスラム教の歴史 目次に戻る